拝金主義者.com

シンプルをモットーにお金にまつわる情報を配信していきます

ユダヤの教え 7選

f:id:ryosshan:20180624221052j:plain

 

こんにちは、りょっしゃんです

皆さんは、’’ユダヤ’’と聞くと真っ先にどのようなイメージを思い浮かべますか?

過去に長い間、差別や迫害を受けて来た人々の事を真っ先に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか

ですが、’’ユダヤの教え’’一度はこんな言葉を聞いたことはありませんか?

実はこの教えこそ生きていく上でとても大事なことをまとめてあるのです

今回はそんなユダヤの格言 CapmNetworkについて 抜粋してご紹介していこうかと思います

 

 自分より賢い人がいる時は沈黙 。

よく、馬鹿ほど知識をひけらかし、賢い人は知らないふりをするなんて言いますね

時と場合によってはその場で思ったこと、考えたことをぐっと堪えるのも大事だということではないでしょうか

 

人が生きている限り、奪うことができないものがある。それが知識である。

知識というものはその人の人格を形成する上で大きな意味を成します

そして知識は基本的に失うこともありませんし、誰かによって奪われることもありません

地位や名誉、お金なんかよりも、もっと大事なものが’’知識 ’’なのかもしれないですね

 

出逢った人すべてから、何かを学べる人が最も賢い

どんな人間にもその人の生きてきた人生があります

自分より出来た人間でも、ダメな人間でも、それぞれ

教師に習い、また反面教師に習うことが大事なのかもしれないですね

 

もしあなたの周囲に傑出した人がいないなら、あなたがならなければならない

親しい周りの人間の平均年収が自分の年収だという話があります

仮に自分の年収を増やしたいとして、自分の環境のせいにして関わる人間を変えたとしても、結局は、自分自身が努力しないといけないのです

環境のせいにする前にまず、自分自身を見つめ、変えていかなければならないのではないでしょうか

 

金は道具である、道具に支配されるものなどいない。だから、道具はたくさん持っている方がいい。

お金は人生の選択肢を広げるツールであり、金は汚い、金なんていらないと考えるのはとても勿体ない事ではないでしょうか

お金という物は沢山持っている方が良いに決まっています

ですが大事な事は、お金では本質を買えないという事です

愛も、友情も、信頼も、買うことは不可能なのです

 

 小さな穴は、大きな船を沈めてしまう。

普段生活している中で、これくらいいいやとなってしまう場面ってありますよね

例えば、お金の無駄使いもそうですし、仕事や勉強で明らかに手を抜いてしまうことですね

のちにそれが積み重なっていき、大きな問題となりうるということです

 

利害関係ができたときにはじめて、 友人かどうかが分かる。

社会人になるとどうしても仕事絡みの付き合いが多くなります

仕事や利益を抜きにしてその人と関わりたいか、そして自分の見返りが無くともその人に無償で何か役に立つことをしてあげられるか

そんな人が自分にとっての本当の友人であったり、パートナーなのかもしれないですね

 

まとめ

今回、紹介したこの’’ユダヤの格言 CapmNetwork’’ですが

当たり前のことを書いているようで、とても大事なことがたくさん綴ってあります

この教えを意識して日々の生活を送っていくと心がより豊かになるかもしれませんね

時間のある時や人生に迷った時にでも、このユダヤの教えに目を通して見てはいかがでしょうか